So-net無料ブログ作成
いろいろ修理してみよう ブログトップ
前の10件 | -

2年ぶりに風呂ボイラーコントローラーの修理 ノーリツZ11リモコン+ロケットホームメイトMBX-4500ボイラー [いろいろ修理してみよう]

IMGP20291.jpg

2016年1月にLEDの修理をして以来、なんとか故障もなく稼働していた灯油風呂ボイラー。最近電源は入るものの点火に失敗する事態が頻発し、もう諦めて買い替えかーと懐具合と相談し頭を抱えていました。ただこれまでは何回かスイッチをガチャガチャやってると点火はしてたんですが、本日とうとう電源そのものが入らなくなってしまいました。


DSC_65651.jpg

ひょっとしたら本体ではなくスイッチの不良かもと、ボイラーに貼り付けてある配線図とにらめっこして、スイッチが白ケーブルと黄色ケーブルを短絡するだけのシステムだと言うことを発見。


IMGP2006.jpg

IMGP2007.jpg

試しにスイッチ側のコネクターを抜いてボイラー側の白と黄色をショートさせたらなんとボイラーが起動するではありませんか。つまり今回もスイッチ側の導通不良。そこでハンダゴテを手にすべてのハンダ部分を再加熱。テスターで導通チェック。しかしスイッチを入れると短絡するはずの白と黄色のライン、3番と4番のコネクターピンの間に導通がありません。かんたんな回路なのになぜ?

配線図にはないですが基盤を見ると回路の途中にダイオードが入ってます。(電流を一方通行にする部品)


IMGP2015.jpg

怪しいのはコレだよなあ。とテスターをダイオードチェックモードにして導通を見るとちゃんと一方通行になってます。足のハンダもやり直しましたがどうしても回路が形成されない。


IMGP2005.jpg

で、何の気無しにダイオードを触るとぽろりともげました。


IMGP2011.jpg

IMGP2012.jpg

取れたあとを見ると緑青(ろくしょう)が。そうです、プリント基板に刺さった足が基盤の中で腐食してちぎれていたのです。ちぎれたダイオードは足が短すぎて、基盤に挿して裏からはんだ付けすることができません。(矢印が電気の流れる方向:この場合電気は左から右へ流れます。左がプラス。)


IMGP2014.jpg

そこで基板の表側、プリントが見える方にはんだ付けしました。これで組み付けると赤い燃焼ランプが点灯し、ボン!という音とともにボイラー起動。無事お湯がわきました。(白く塗ったのがテスターで判断したプラス側:本来左側にマイナス側を示す白線があるはずですが消えてました)やったこれで風呂に入れる。


IMGP2010.jpg

が、電源を入れると同時に点灯するはずのグリーンの運転LEDが付きません。あちゃあ、ダイオードの向き間違えたのかあとダイオードの向きを変えてはんだ付けしたら今度は起動しません。ダイオードをもとに戻すと赤いLEDがついて点火。(発光ダイオードやダイオードには極性があるため怪しいと思ったんですが・・・)


IMGP2018.jpg

IMGP2019.jpg

こりゃLEDの接触不良かと、緑のLEDの足のハンダを再加熱したら足が基盤から浮いてます。あー、LEDの足のプリントが基盤からもげてるやん(よく見たら前の記事に書いてありました)。そうです、点火しないのとLEDがつかないのは全く関連のない故障だったのです。つまり同時に2箇所故障してたということ。


IMGP2025.jpg

IMGP2027.jpg

IMGP2031.jpg

絶縁のレジストをカッターで剥がして出てきた銅線にハンダを盛ってLEDと接続。ハンダがうまく流れず盛大な芋ハンダになりましたが、コネクターをつなぐと電源ランプがつき、その後で燃焼ランプが点灯し無事ボイラー起動。そか、まだ頑張ってくれるんだね。今はお金がないので年金もらえる65歳まであと数年頼むねー。

*プリント基板の劣化が進んでいますが、スイッチ3個と温度調整用の可変抵抗器1個、抵抗3個とダイオード1個、LED2個と10ピンコネクター1個というかんたんな回路なので、プリント基板じゃなくてもユニバーサル基板使って組み直せそう。(またまたやるやる詐欺)

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

刈払機(草刈り機)を修理しよう その7 遠心クラッチ交換 タナカTB-21H [いろいろ修理してみよう]

アマゾンで発注しといた刈払機用の汎用遠心クラッチシューが、注文から3週間かかって隣の国から届きました。



IMGP0672.jpg

すでにメーカーがない機種なのでこの寸法を頼りに発注。


IMGP0817.jpg

まあ慣れましたが、発注から3週間。クッション付きのビニール袋に感激。(精密機械ですら通常黒いただの薄いビニール袋で来ますから)


IMGP0813.jpg

2重の梱包です。すごいすごい。


IMGP0814.jpg

ピボットボルトとウェーブワッシャー付き。


IMGP0816.jpg

寸法は採寸どおり。シューが厚い分52mmの直径があります。


IMGP0830.jpg

さて、組付け前につながる回転を確認しようと混合ガスを作ります。ハスクバーナの純正50対1のオイルを使いました。


IMGP0819.jpg

でエンジンをかけようとプライミングポンプを押すと緑色の燃料ホースに異変が。


IMGP0829.jpg

見えますかねえ。緑のガソリンホース。


IMGP08291.jpg

この前交換したはずだろお前!!!!


IMGP0832.jpg

耐久性に不満を唱えてもしようがないので、交換しようとキャブからガソリンホースを抜きます。


IMGP0834.jpg

IMGP0833.jpg

あ、先端から3センチぐらいのところに穴が。ホースが結構長いのでひょっとして穴の部分を切っちゃえばいいんじゃね?


IMGP0835.jpg

カットしてキャブに接続。


IMGP0836.jpg

IMGP0837.jpg

プライミングポンプを押してキャブに燃料を満たして始動。問題なく回ってクラッチもちゃんと繋がりました。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

刈払機(草刈り機)を修理しよう その6 遠心クラッチ点検 タナカTB-21H [いろいろ修理してみよう]

いよいよ雑草の勢いが増す季節になりました。


IMGP0621.jpg

6月には豊田市恒例のクリーン作戦(草刈り+ゴミ拾い)があるため、いつもはやらない、昨年ちょっとクラッチが滑り気味だった刈払機の自動遠心クラッチ点検と掃除をしました。(キャブは前回OH済みなのでパス)




IMGP0622.jpg

IMGP0623.jpg

IMGP0624.jpg

一度も分解して大掃除してないのできたねー。


IMGP0625.jpg

まずはこの奥のボルトを抜きプラグケーブルのカバーを外します。


IMGP0626.jpg

アクセルケーブルを外し


IMGP0627.jpg

エアクリーナーケースカバーとエレメントを外して


IMGP0628.jpg

IMGP0629.jpg

貫通ボルト2本を抜き、キャブを外してしまいましょう。


IMGP0630.jpg

キャブからホース2本を外します。


IMGP0631.jpg

IMGP0632.jpg

ボルト3本を抜いて燃料タンクを外します。


IMGP0633.jpg

クランクケースとご対面。ゴミが溜まってますねー。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

備忘録 雨漏りしまくりのポンコツ倉庫の屋根張替え 7回目(16列目)やっと終了 [いろいろ修理してみよう]

昨年6月に6回目(14列)を張り増しした、バイク車庫の塩ビ波板。残り2列を張ればすべての波板が2重になるというのに、体調不良でやる気が起きず何もしないまま9ヶ月。今日やっと暖かくなったので最後の2列を張り終えました。


DSC_5512.jpg

残ってたのは入口側2列。


DSC_5513.jpg

かなり傷んでますが雨漏りがなかったのでつい。(しかしなんでこんなに軒の出(写真では左端)をギリギリにしたんだ?昔の俺。雨漏りがなくても雨が振込み放題じゃん)

実は昨日やるつもりだったんですが、北風、しかも強風だったので見送ったのです。


DSC_5508.jpg

DSC_5506.jpg

DSC_5509.jpg

今日は気温14度、しかもほぼ無風でした。久しぶりに屋根に上がるとこんな状態。エアで落ち葉を飛ばして準備完了。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

刈払機(草刈り機)を修理しよう その5 その3と内容は同じなので備忘録のみ。タナカTB-21H [いろいろ修理してみよう]

我がブログで閲覧数トップを誇る記事「刈払い機を修理しよう。」


前回の修理からもう1年、またエンジンがかからなくなりました。


待望の第5弾ですが今回も第3弾と全く同じくホースの亀裂だったので写真を撮りませんでした。ですので記事はなしでの備忘録です。


第3弾の記事はこちら (2015年)


第4弾の記事はこちら(2017年)


ただ、今回はいよいよ遠心クラッチが滑り出したようで、会社が消えているためクラッチ周りの部品は手に入らないので、完全に滑り出したら新品の刈払機を買うしか無いようです。どっかで部品手に入らないかなー。


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

備忘録 雨漏りしまくりのポンコツ倉庫の屋根張替え 6回目(14列目) [いろいろ修理してみよう]

備忘録ですので読み飛ばしてください。


IMGP9237.jpg

XLRがほぼ完成し、倉庫を片付けていたらエライことになっていました。奥へ行くと。


IMGP9244.jpg

へ?


IMGP9245.jpg

こいつが屋根を突き破ってました。


IMGP9246.jpg

のこぎりでカット。

IMGP9301.jpg
竹の揚水能力はすげーです。切ったら中は水でいっぱい。このため小屋の中は湿気がすごいです。
で、この日はこれで終了。


IMGP9278.jpg

で、先日の雨の日、倉庫の雨漏り確認しに行き、今度は外回りでエライものを発見。


IMGP9279.jpg

竹が内側から壁を外に押し出してました。


IMGP9302.jpg

いっぺんに切れないので何回かに分けて切り落としていきます。


IMGP9304.jpg

地面ギリギリに刃を入れて。


IMGP9305.jpg

なんとか壁を竹の内側へ押し込みました。


IMGP9280.jpg

今度は雨漏りがないか中をチェック。ここが片付くのはいつの日か。


IMGP9281.jpg

奥へ奥へ。ジャングル探検の気分です。


IMGP9284.jpg

この前竹は切ったし、相変わらずジャングルですがバイクは濡れてません。


IMGP9290.jpg

が、これはなんじゃろうと上を見上げると


IMGP9295.jpg

IMGP9296.jpg

ありゃー、前にパッチ貼ってたところから雨漏りが。


IMGP9297.jpg

とりあえず応急措置で波板を内側からあてて雨水を軒先まで誘導。


IMGP9298.jpg

周りを少し片付けていたらいいもの発見。


IMGP9299.jpg

あらー、XL250Sのタンクかあ、とよく見たらXL500Sのタンクじゃないですか。なんじゃこりゃ。こんなもの買ったっけ??新品かと思ったらサイドのHONDAのマークが貼ってありません。全塗装済み品か?


IMGP9300.jpg

サビもほとんど無いし。偉いぞ過去の俺。新品のキャップもあるしラッキー!


続きを読む


nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

タニタのハカリを修理しよう。 [いろいろ修理してみよう]

今は郵便物はクリックポスト(340mmX250mmX30mm、1kgまで164円、追跡機能付き)で送ってるので、よほどのことがないと普通郵便(厚さ1cm以内、重さ25g以内)で送ることはなくなりました。なのでハカリの出番がほとんどなくなったんですが、今回普通郵便を速達で送ることになり、25gを越えてないかどうか計るため久しぶりにハカリを引っ張り出したんですが。

IMGP5305.jpg

電源が入りません。しかもなんかベタベタしています。


IMGP5287.jpg

電池蓋を開けると電池が液漏れし、端子が腐食していました。

きれいに拭いて、電池を入れ替えてもうんともすんとも言わない。

IMGP5304.jpg

これは端子が腐って内部で何か起こってるとしか考えられないのでばらしてみました。


IMGP5302.jpg

と言っても表面にねじがあるわけでもない、ゴムをめくっても同じなので、マイナスのマイクロドライバーで隙間をこじるとパカンと割れました。


IMGP5298.jpg

・・・・半分だけ。これ以上外れません。どうやらどっかにネジが有るようです。


IMGP5286.jpg

裏をよく見ると説明書きが2箇所うっすら凹んでます。ここに穴を開けるとプラスビスが2本。説明が読めなくなるじゃん。


IMGP5301.jpg

これを外したらハカリの物を載せる部分が分離。


IMGP5300.jpg

上の写真の状態から左へずらすと引っかかりが外れました。


IMGP5299.jpg

台が外れたらここのプラスビス2本を外すと2つに割れました。


IMGP5285.jpg

IMGP5295.jpg

プラス側の端子を見ると赤い細いコードが腐って取れちゃってます。


IMGP5294.jpg

端子を引っこ抜き磨いて予備ハンダ、コードにも予備ハンダして接続。(腐食してるので簡単につかず30分ぐらい悪戦苦闘)


IMGP5310.jpg

IMGP5306.jpg

IMGP5309.jpg

電池を入れるとちゃんと復活しました。


IMGP5290.jpg

分解するのに外したビスはこの部分に固まってる同じプラスが4本だけ。設計凄いです。

この四角い白い部分が物を載せる測定部なんですが、昔のバネを使ったものと違い押してもほとんど動きません。重量はたわみを検知してるようで、0.1gから2kgまで計れるのは凄いです。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

ハマネツタイマー発動。ちょこっと前倒しでブロワーポンプHP-80Wが壊れましたー。 [いろいろ修理してみよう]

明日からドライブに行こうという本日午前。

まだ寝てたんですが。

浄化槽の定期点検に来た業者さんと母が話してる。

「45000円でどうたらこうたら」

玄関に出ていくと「浄化槽のブロワーポンプが壊れてるんで交換していいですかー。45000円で換えますけど」

まあ、うちの浄化槽は7人槽ででかいからブロワーポンプも6万円ぐらいするのでバーゲンなんですが、補修用のパーツを常備してるので丁寧にお断りしました。

ともかくブロワーポンプが動いてないと浄化槽内の微生物が死んでしまうので、あわてて旅行前に修理しました。


IMGP4740.jpg

浄化槽用逆洗付きエアポンプ「ハマネツHP-80W」のパーツは、製造元のハマネツが浄化槽事業から撤退したためいまでは修理はできませんが、さいわい他メーカーがハマネツの規格を引き継いで似たようなポンプを作っているので代替品が手に入ります。(詳しくは前回の修理参照


IMGP4743.jpg

それにしても驚くべきはハマネツタイマー、正確に4年毎に破損してます。ただ、前回までは数日から1ヶ月弱の誤差でしたが、今回は3ヶ月早かったですね。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

備忘録 15年ぶり、雨漏りしまくりのポンコツ倉庫の屋根張替え 5回目(12列目) [いろいろ修理してみよう]

先日買ってきた車庫の波板。

今までは金銭的な理由で2ヶ月に1度、1日で2列づつ張ってましたが、このままのペースでは最後まで張った時点で最初に張ったところが劣化してしまうという懸念があるので、今回は借金覚悟で4列分購入、3日かけて一気に4列張ってみることに。

これで、車庫の両側1列+1.5列を残してほぼ全面を張り終えました。

作業は涼しくなる夕方5時から。


IMGP4484.jpg

初日に4列載せて4隅のみ固定しておいたやつを、2日目下半分の2.7mの波板のみ全面固定。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

森の中の古民家に住むってことは・・・。雨漏りの原因は? 解決編 [いろいろ修理してみよう]

IMGP3985.jpg

先日、台所が雨漏りしていて、雨樋の掃除をしたらとりあえず治りました。


と思っていたのですが、朝起きたら水の入ったフライパンや鍋がそこら中においてあります。昨日の夜中の豪雨で、再びコンロ周りが水浸しになったようで母が昔懐かしい風景を作っていたのでした。。


また落ち葉が詰まったかと思い屋根に上がって雨漏り箇所の延長線上の雨ドイを丁寧にみたところ。


トタン製の雨ドイが、折れ線に沿ってぱっくり割れてそこから屋根裏へ水が落ちていたのでした。


IMGP3979.jpg

先日は落ち葉を片付けて安心したため見落としていたようです。まあ、こんな土が溜まってたら気づかんわね。

先日の掃除でよっかかったりしたので割れ目が大きくなったのかも。



AMAMORI1.jpg

今回発覚した雨漏り経路。点線部分が割れ、雨水が台所トタンが届いていない屋根裏へ。台所のトタンがあと少し奥に長ければ天井裏には落ちないんですが、作った当時はトタンが割れるなんて思ってもいなかったんでしょうねえ。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | - いろいろ修理してみよう ブログトップ

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村