So-net無料ブログ作成

こおおのお~わたあしのお~あいよりもおお~ そうだ京都へ行こう!京都の旅その2 [失業者の18切符歩き旅]

CA3C0052.jpg

今回の旅は、バイクで日本中を旅したのにもかかわらず、目と鼻の先の京都へ行ったことが無い私のために弟が企画したものです。(あれ?・・・・姪のためじゃなかったっけ。)というわけで、今回は私のリクエストで、清水寺を含む京都東端を縦に結ぶ歩き旅となりました。

さてまずは歩きでいける範囲で一番近い、三十三間堂から攻めます。

SANNJU.jpg

CA3C0066.jpg

CA3C0062.jpg

この三十三間堂、お正月の通し矢で有名ですが、実はそれだけではありません。この三十三間(128メーター)もあるひょろ長いお堂の中は、千一体もの千手観音でびっちり埋まっているのです。中に入ってそれらを目の当たりにしたときは感動のあまり声が出ませんでした。照明は外光とろうそくのみ。当然マスプロ化されていない時代の作品ゆえ同じ顔はありません。たくさんある手に持っているものも全部違います。当時の信仰心のすごさを思い知らされました。(内部は写真撮影NGのためご自分で確認を)

CA3C0058.jpg

こちらが裏手に当たる縁側。通し矢の舞台です。お正月に猛者が集まり、およそ130メーターもの距離を、強弓につがった矢で向こうの端から通すのです。こちら側の壁や柱にはそれた矢が当たった痕がありました。発足当時は1万本もの矢を放ち、そのうち八千本を通したという記録が残ってます。

三十三間堂


CA3C0067.jpg

CA3C0068.jpg

CA3C0069.jpg

ちょっと小腹がすいたので、門の前にある茶店で甘味をたしなみます。

上から餡蜜、プリン、わらびもち。

さすがに子供の足で5KM先の銀閣寺まで行くのは無理と判断。(いや、姪っ子は元気元気。大人たちの足ではの間違いだと主張してます)混雑するのは覚悟の上でバスに乗り銀閣寺へ。

GINKAKU1.jpg

ええっ。工事中?見れないのっ?

銀閣寺

CA3C0076.jpg

気を取り直して、ここから川沿いを南下する、桜が満開の「哲学の道」を清水寺に向かって歩きます。たけのこを焼いている屋台があったり、普通の家の庭でお弁当を売っていたり、ぜんぜん退屈することなく桜を堪能できました。

e??" target="_blank">哲学の道

CA3C0079.jpg

南禅寺だったっけ。

CA3C0083.jpg

CA3C0085.jpg

そのまま道沿いに歩いていて迷い込んだここは?てか、なに?この線路。幅が半端じゃない!実は琵琶湖疎水に船を運んだレールの跡だそうです。奥に見える橋のようなものが貨車です。船が載っている貨車もありました。

CA3C0090.jpg

桜がすばらしい!ここは観光ガイドに載っていなかったのでうれしい迷子でした。

a??a?3" target="_blank">蹴上インクライン

CA3C0092.jpg

こんなのがあるんですね。こんな薄い自販機初めてみました。

CA3C0097.jpg

ちょっと戻って正規の道へ戻り、観光バスが止める場所を求めて放浪している知恩院を横目で見て、枝垂桜で有名な円山公園を抜けます。

円山公園

続く


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村