So-net無料ブログ作成
88’HONDA XLR250R MD22 ブログトップ
前の10件 | -

XLR250Rバハ レストア22、23日目。エンジン磨きとフレーム塗装修正。フレームは多分これで終わりのはず。 [88’HONDA XLR250R MD22]

昨日は車庫に17年以上眠っているAW11-MR2の貰い手が見つかり、現物の状態(車庫から引っ張り出す算段も含め)を見たいということで午前中会って歓談。なんとその人が一緒に連れてきたのは、17年前にこのMR2を我が家へ持ってきた人でした。(これは全くの偶然)つまり、うちの近所に住む、昔ダートラやってた板金屋さんにAW11欲しい人いないかねー、と相談。>板金屋さんの昔のダートラ仲間が興味を持って、車を見に来たいという連絡。>その人の連れがこの車を持ってきた人(女性ダートラチャンピオン)だったということで一緒に来て17年ぶりに再会。という流れでした。

とりあえず年明けに人手を集めて(不動の上、タイヤは風化、ブレーキは効かず、車庫を車の上に建てた時には将来出すことなど考えてなかったので入り口を破壊しないと出せない、さらにそこから90度曲がって人力で急斜面を道路まで出さないといけないというウン重苦)引き取りに来るということで手をうちました。


AW11_2.JPG

(2000年にAW11の上に屋根をかけたばかりの頃。)

AW11_1.JPG

(翌年なんとか床を張ってウィンチで床上へ。このあと手前にも床を張って)

AW11_3.JPG

(そして数ヶ月でゴミに埋もれて出せなくなる・・・。このときはまだ出そうと思えば出せたんだよなあ。)

IMGP49601.jpg

(今じゃ手前に色々山積みでその姿を見ることができません。右奥にあります。)


昼からはバハのエンジンをスポンジヤスリを駆使して再度掃除。(写真撮るの忘れた。)


IMGP6221.jpg

そして本日、気温が10度弱まで上がったのでフレームの最終塗装をしました。ここからはいままでと同じような写真ばかりですが自分用の記録なので読み飛ばしてくださいな。


IMGP6257.jpg

塗料は残り全部使用。185gありました。


シンナーは50%。なので総量は280gです。ただシンナーは塗料のように粘度がなく缶から注ぐ時こぼれるため残りゼロ。なのでクリアー塗料の付属品を使いました。今度もこぼれた・・・・(涙)。


IMGP6224.jpg

IMGP6225.jpg

IMGP6226.jpg

いやあ、塗装が薄いのが気になってついつい厚塗してしまうので垂れる垂れる。

まあ薄いよりは垂れるくらいがいいということで。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

XLR250Rバハ レストア21日目。エンジン磨きとフレーム塗装修正準備。 [88’HONDA XLR250R MD22]

昨日は3ヶ月に一度の病院だったので作業はおやすみ。

今日は塗装の垂れたフレームやアルミサビの浮いたエンジンを削るための紙やすりやスポンジヤスリを買いに、本日豊田市に新規開店したホームセンターカーマ五ケ丘店へ行ってから作業再開。レストアのモチベーションを維持するには毎日少しずつでも作業をすすめることが大事だそうです。と言い訳しながら今日も作業はちょびっとだけですが。


DSC_2734.jpg

豊田市一の高級住宅地の入り口に新しく開店。高台にあるため四車線の外環状のこの交差点を右左折した直後に出入口があるんですが、入り口に入れない車で土日はこの交差点で大渋滞が起こりそうです。


DSC_2732.jpg

多分豊田市に4店ある中じゃ敷地が一番でかいかも。


DSC_2733.jpg

開店初日なんですが意外と空いてました。まあ、すでに川向う(豊田市中心側)にはカーマが3つあるからなあ。

特に目新しいものがあるわけじゃないんですが、河のこっち側では2店目の希少なホームセンターですのでありがたいです。ただその1店目はこの交差点から300mしか離れてない道の反対側というのが問題なんですが。こんなのとは勝負にならんだろうなあ。


続きを読む


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

XLR250Rバハ レストア20日目。ステムベアリングレースの抜き取り。 [88’HONDA XLR250R MD22]

午前中は昨日完成したセルモーターを梱包して郵便局から発送。これで今年中にやらないといけないお仕事は終了。バハに専念できます。

さて、厄介なフレームのサビ落としと塗装にめどが付いたXLR250Rバハ。

あとは組み付けに必要な部品を順次清掃、整備しながら組み付けしていくわけですが、一番手がかかりそうな、皆さん苦労してるステムベアリングのロアーベアリングレースの抜き取りに挑戦しました。(夢にまで出る始末)


IMGP6138.jpg

まず万力にアルミ板を介してステムシャフトをはさみます。


IMGP6139.jpg

先日購入したアストロのヒートガンで


IMGP6140.jpg

素材温度13.6度から


IMGP6147.jpg

63度まで加熱。目標は80度だったんですが周囲全部が金属素材のため熱が逃げ、気温が低いこともありこれ以上温度が上がりませんでした。1500Wも食うため電気代が怖いので温めるのは諦めてこの状態から


IMGP6142.jpg

ダストシールをめくって


IMGP6143.jpg

隙間にスクレーパーを叩き込みました。


IMGP6144.jpg

結構時間がかかりましたが少しずつ刃が入っていきます。


IMGP6146.jpg

隙間がわかるでしょうか。


IMGP6148.jpg

途中からマイナスドライバーに変更。ここまで抜けました。

しかーし。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

XLR250Rバハ レストア19日目。フレーム塗装4日目。フレーム塗装とりあえず終わり。 [88’HONDA XLR250R MD22]

IMGP6042.jpg


IMGP6043.jpg

IMGP6048.jpg

IMGP6045.jpg

IMGP6046.jpg

IMGP6073.jpg

えー、先日塗ったウレタン白。じっくり見るとあちこち下地が透けていたので今日透けているところだけもう一層塗りました。

まあ絵面は同じままなので読み飛ばしてください。自分用の記録です。

塗料は白30g、硬化剤3g、シンナー20gで作りましたがあっという間に終了。あれー?この前は合計で230gでほぼ塗れたから30gもあれば足りると思ったんですが・・・。よく考えるとこの前は2倍に薄めてるんで460g塗ってます。今回は50%で作ったんで倍の塗料が必要なのですねえ。

結局50gをあと2回作って合計130g。シンナー入れて200gをガンで塗って、あちこちにできていたみかんの皮のようなブツブツを筆塗りしてフレーム塗装は終了としました。

結果今回使った塗料は360g。残り340gはセローのフレーム用に使う予定。シンナーは缶から注ぐときに結構こぼれて殆ど残ってないのでまた注文しないと。


IMGP6061.jpg

あちこち垂れまくってますが薄いよりはましということで気にしないことに。


さあ、フレームは見て見ぬふり、いやいや、先に進むため封印してエンジンの掃除に掛かりましょう。


本日の作業時間4時間 作業時間累計51時間/19日。

nice!(11)  コメント(3) 
共通テーマ:バイク

XLR250Rバハ レストア18日目。フレーム塗装3日目。初めてのウレタン塗装。 [88’HONDA XLR250R MD22]

IMGP5939.jpg

本日は今までより気温が6度くらい高いのでバハのフレームの本塗装に挑戦してみました。(気温が下がると両手とも握力がなくなります。塗料も5度以下では固まらないみたいですし。)

実は硬化剤を使うウレタン塗装は初めてです。

ウレタン塗料は、メインのエポキシ塗料(今回は白)に10%の硬化剤を入れて、さらに専用のシンナー50%で薄めてガンで吹き付けるものです。アマゾンで白とクリアのセットと、つや消し剤を購入。


IMGP6041.jpg

総量1Kg(塗料700gと硬化剤70gとシンナー300g)のセットで2500円(白)から2800円(クリア)でした。

つや消し剤は250gで2300円。30%ほど混ぜて、あまりテカテカじゃない七分艶に押さえようという魂胆だったんですが。結果として下手な塗装のためかそれともシンナーの割合を間違えたのか、つや消し剤がなくともテカテカにはなりませんでした。


IMGP5955.jpg

IMGP5948.jpg

12時スタート。フレーム塗装に必要な量がわからないので、とりあえず塗料100gに硬化剤10gを混ぜ、シンナー100gで希釈してみました。この前修理した精密はかりが大活躍。


IMGP5951.jpg

ガンはホームセンターで買ったホースやエアゲージのセットに入っていた安物です。(先日見つけた近畿のエアガンは蓋が固着していて使えず)


IMGP5950.jpg

エアと塗料の混合比調整の仕方と開け具合がわからないのでオイル缶に吹きながらお勉強。これぐらいでいいかな。

あと塗装前にフレームのネジ穴に不要なボルトをねじ込んで、塗料が雌ネジにつかないようにしておきます。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

XLR250Rバハ レストア17日目。フレーム塗装2日目。 [88’HONDA XLR250R MD22]

先日プラサフ塗装まで済んだバハのフレームとサブフレームですが、2液混合硬化型の白のウレタン塗装をする関係で、硬化剤を入れた白塗料は固まらないうちに一気に塗らないといけません。ただバハの白塗装のパーツは、フレーム、サブフレームの他にもう一つハンドルがありますので、ハンドルもサビ落とし、プラサフ塗りまで済まさないと本塗装に入ることができません。

で昨日と本日の二日間でハンドルバーのサビ落としをしました。


IMGP5892.jpg

IMGP5893.jpg

おっとその前にスイングアームとリンクをケルヒャー君で水洗いしときます。でも油まみれなのできれいには落ちず、やっぱりパーツクリーナーでの洗浄が必要ですな。


IMGP5887.jpg

IMGP5891.jpg

IMGP5890.jpg

IMGP5889.jpg

さてそこそこきれいに見えるんですが、そこはフレームと同じ塗装。点サビだらけです。


IMGP5911.jpg

最初はこのスポンジヤスリでこすってみたけどそこはやっぱり焼付け塗装。なかなか下地に達しませぬ。


IMGP5894.jpg

そこでこれの出番。


IMGP5895.jpg

後処理をしっかりしないと余計にサビを呼ぶのであまり使いたくなかったんですが、ずっと倉庫で眠っていた剥離剤を塗ってみました。

続きを読む


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

XLR250Rバハ レストア16.6日目。テントが・・・・・。 [88’HONDA XLR250R MD22]

今日は朝から猛烈な北風が吹いていて寒いのなんの。

で、昼から作業しようと外に出ると。


IMGP5862.jpg

IMGP5865.jpg

ひえーーーー。テントがあーーー。パイプ車庫に登ってるー。

もちろん足を縮めてペグも打っといたんですが、風の強さを甘く見ていました。朝まで雨が降ってたけど風はなくて、朝からは雨が降って無くてよかったよー。


IMGP5863.jpg

IMGP5864.jpg

IMGP5866.jpg

IMGP5886.jpg

IMGP5885.jpg

パイプ車庫の屋根から引きずり下ろして、ペグを打ち直しさらにロープを張っときました。あとブルーシート同士を繋いでたタイラップを切断して風を逃します。

仮設テントは常設してはいけませんな。さっさとフレームの本塗装しちゃおう。


IMGP5870.jpg

倉庫にしまっとけば良いものを、横着してテントの下に置いていたフレームがコケて塗装が禿げてたので塗り直そうとアセトンで拭いたら。あああ、ラッカーはアセトンで溶けるのね。ということは本塗装前の脱脂にはアセトンは使えないのかあ。(黒い部分が純正のツルツルの下地塗装。この上に塗ったプラサフは定着しません)


続きを読む


nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

XLR250Rバハ レストア16.5日目。ヘッドベアリングレース打ち替え。。 [88’HONDA XLR250R MD22]

今月はエスティマの車検、マセラティのセルモーターの修理などやらなきゃならないことが山積みですが、寒くなったせいで体が、特に指先が動きません。やる気スイッチもどこかに落としてきたのか・・・。

気分転換も兼ねてフレーム塗装の続きはお休みして、室内でできるマセラティのセルモーターの分解(4個の不良品から使えそうなのを直して欲しいという注文)をやろうとしたんですが、分解に必要な工具(トルクスレンチ)が行方不明です。

全然覚えのない記憶を辿って倉庫をひっくり返していると、昔勤めていた会社が移転するときにもらった車輪付きの3段工具入れが出てきたので、邪魔だし処分しようと引っ張り出しました。ところがやけに重い。

なんと中身が入ってました。

IMGP5797.jpg

これ、上の3段分が下に落ちていて、どうやったら持ち上げた棚が固定できるのか10分ぐらい悩みました。中2段はなんと細い鎖で天板から釣ってるだけです。重いもん載せられません。


IMGP5798.jpg

これは残ったゴミ。さて出てきたのはと言うと。


IMGP5799.jpg

(上の2段に入っていたのは左の箱のプラグレンチやドライバー、スパナなど)

一番の収穫は左のバイスクランプか。

続きを読む


nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

XLR250Rバハ レストア16日目。フレーム塗装1日目。 [88’HONDA XLR250R MD22]

永遠に続くかと思われたサビとの格闘が済み、やっとサフェーサー塗装へ。正直、サビとの格闘中は、フレームまでばらしたことを後悔しながら、XLRに悪態をつきながらの作業でした。


IMGP5762.jpg

しかし、プラサフを塗られてきれいになっていくフレームが目の前に出現し始めるとあら不思議。思わず笑みがこぼれてきましたねー。

ただ、ソフト99のプラサフ。吹き付けていくと突然劣化した塗装が浮き上がり始めてシワシワに。

やっちまった!やっぱり全剥離しないといけなかったのか!


IMGP5778.jpg

IMGP5777.jpg

IMGP5757.jpg

IMGP5768.jpg

IMGP5774.jpg

IMGP5773.jpg

IMGP5780.jpg

またあのブラスト地獄が続くのかー。と心が折れそうになりましたが、よく見ると塗装が浮いてるのは一部のみ。


IMGP5760.jpg

IMGP5759.jpg

このようにすぐそばでも大抵の部分は問題なく塗れてます。

大きく塗装が浮いているステアリングヘッドのパイプをペーパータオルでこすると、オリジナルの白ペンキがとろけて剥けてしまい、その下にねずみ色のつやつやした樹脂みたいな地が出てきました。これって純正のプラサフ?


IMGP5758.jpg

きれいに拭き取ってもう一度塗ったらきれいに定着。シワが寄った部分は殆どこの下地が出てきました。

どうやら白のペイントでもツルツルの下地に密着できずに劣化した、一部のペイントだけがプラサフのラッカーに侵される模様です。

続きを読む


nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

XLR250Rバハ レストア15日目。フレームサビ落としと錆止め6日目。 [88’HONDA XLR250R MD22]

いやあ、いろいろあって間が空いてしまいました。

流石にそろそろめどを付けないといけないXLRバハのフレームのサビ落とし。本日やっとブラストが終了しました。

まずは16日、先日の石灯籠騒ぎで一時撤去したテントを組み立てて、ブラスト環境を再度造りなおしたら、17日、サビ取りが残ってるフレーム上部のサビ落としを始めます。


IMGP5714.jpg

フレームナンバーの後ろに貼ってある形式認定シールをマスキング。


IMGP5716.jpg

シートステーに貼ってあるのは外装のカラーコード。これもマスキングしときます。


IMGP5715.jpg

こいつはヘルメットホルダー。


IMGP50561.jpg

盗難防止用のボルトで固定してあるため取り外し不可なのでこれもマスキング。


IMGP5717.jpg

IMGP5721.jpg

残っているフレーム上部のサビ部分。タンク後ろ側マウント近辺。ガセット後端に水がたまりサビが・・・。


IMGP5147.jpg

IMGP5718.jpg

何故かサビが多いイグナイターのマウント。(上がイグナイター取り外し直後の最悪な状態。下はワイヤーブラシで軽く錆び落とししたあと)これが錆びるとイグナイターを包んでいるゴム製のマウントラバーがマウントから抜けなくなるのです。


IMGP5144.jpg

特にこの個体のマウントラバーはプラスチックのように硬化していて抜くのに一苦労しました。(取り外し前)


IMGP5145.jpg

幸いラバーは新品が出ましたがほんとにゴム製でした。カチカチなので樹脂製かと思った。


IMGP5719.jpg

IMGP5724.jpg

シートレールのフェンダーマウント近辺のガセットプレート表裏。


IMGP5720.jpg

IMGP5725.jpg

このMD22系ではたいていボロボロになってる、フレーム最後端のサブフレームマウント。この個体は非常に程度がいいです。


IMGP5722.jpg

IMGP5730.jpg

IMGP5726.jpg

ステアリングヘッドまわり。特に丸いオイルクーラーマウントはサビが酷いです。

続きを読む


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク
前の10件 | - 88’HONDA XLR250R MD22 ブログトップ

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村