So-net無料ブログ作成
検索選択
いろいろ修理してみよう ブログトップ
前の10件 | -

暖房便座が冷た~い!INAXの2005年式のDT-C183の修理 [いろいろ修理してみよう]

設置から12年が経過した、我が家の水洗トイレ、INAXのDT-C183。

最近暖房されているはずの便座に座ると飛び上がるほど冷たいという事案が発生してます。

コンセントを一度抜いて挿し直してリセットするとしばらくは温かいままなのですが、いつの間にかまた便座のヒーターが切れてしまいます。

さらにコンセントの抜き差しでリセットを繰り返した結果、お尻の洗浄装置までがリモコンでは起動しなくなりました。 

じつはこれ、原因に心当たりがあります。

2年前、設置からちょうど10年で起動した、INAXのトイレすべて仕込んであるらしい時限装置。

これは設置して最初に通電してからちょうど10年が経過すると、電源ランプが高速点滅しだして点検を促すという装置なのです。

LIXIL(旧INAX)からの「点検時期お知らせ表示」ご確認のお願い 

これは素人では解除できないようになっており、サービスマンを呼んで、7000円以上かかる点検や消耗部品交換をしないとダメだということでした。(これには出張費ははいっていないため、うちだと17000円ぐらいかかるとか) 

が、世の中には強者がおり、これを自分で解除された記事がちゃんとありました。(当然もととなる手段はサービスマンを締め上げたとか作業を盗み見ないとわからないでしょうねー)

点滅自体は放っておけばいい話ですが、実際はいろいろな症状を起こすようにプログラムされているようで、今回の勝手に電源OFFもその一環でしょう。 

流石に洗浄が効かないのは大問題だし、外の最高気温が3度ぐらいしか無いのでハイゼットの外作業は諦め、室内作業にかかりました。

IMGP3314.jpg

INAX(現LIXIL)DT-C183

IMGP3339.jpg

2年前にここの電源ランプが高速で点滅しだしました。 

IMGP3342.jpg

さらに数日前からリモコンが効かなくなりました。

IMGP3343.jpg

温度調整しても冷たいままです。

IMGP3344.jpg

電源のON/OFFも節電もノズル掃除もちゃんと動作するので通信はできてる模様。

IMGP3345.jpg

ただ肝心のお尻洗浄は沈黙したまま。 このボタンはすべて無反応です。

さあ、作業に入りましょう。 

続きを読む


nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

トイレの水が止まらない。INAXの2005年式のDT-C183の修理 [いろいろ修理してみよう]

母がトイレに入ってででくると、「あんた、いつトイレに入ったと?水が出っぱなしよ。」と言ってきました。

さあ大変、かれこれ1時間は経っています。つまり1時間分水が垂れ流し。請求が怖い!

というわけで、水が止まらない原因追求と修理をしてみました。

まずAMAZONで必要になりそうな部品を購入します。

トイレの品番はINAXの2005年式のDT-C183です。

INAXブランドはすでにありませんが、幸い部品は新ブランドLIXILの他機種と共通だったのですぐ手にはいりました。 

IMGP2468.jpg

IMGP2469.jpg

レバーを引いた時に便器に流れる水を遮断するフロートボール(LIXIL(INAX)取り替え用フロートゴム玉(大)65mm TF-10R-L)、943円と

IMGP2501.jpg

タンクに一回分の水が貯まるとタンクへの給水を止めるパッキン (LIXIL INAX補修パーツ ボールタップ用ダイアフラムパッキン(2個入り)PK-50-1001-2)。2枚で482円。でも必要なのは一枚だけですが。

両方で1425円です。部品が出るうちに確保しときましょう。

 
あ、値上げしてる。 

IMGP2479.jpg

IMGP2480.jpg

どちらにも詳細な取り換え方法の説明書がついてきます。

これなしでは途中で間違いなく部品を壊すか先に進めずに途方に暮れてしまうでしょう。 

続きを読む


nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

備忘録 13年ぶり、雨漏りしまくりのポンコツ倉庫の屋根張替え 2回目(4列目) [いろいろ修理してみよう]

久しぶりに晴れて暖かく、風がない日になったので、北風ぴゅーぴゅーの冬の3か月間サボっていた、倉庫の屋根張2回目(波板2列分)を行いました。

というか、前回張った場所に続き、古い波板が割れているのを見つけてしまったのであわてて動いたというのが実情です。 

エスティマでホームセンター「カーマ21」へ行き、前回と同じ波板2列分を購入。 

10尺(3m) 1166円X2枚=2332円

9尺(2.7m) 1023円X2枚=2046円

合計4378円

IMGP0158.jpg

あちゃー、木と竹が中から屋根を押し上げて生えてる・・・・。でもここは雨漏りしてないので後回し。

IMGP0122.jpg

前回同様ケルヒャー君で落ち葉を掃除したら、波板4枚を屋根の上へ。風がなくてよかったー。 

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

風呂ボイラーコントローラーの修理再び ノーリツZ11リモコン+ロケットホームメイトMBX-4500ボイラー [いろいろ修理してみよう]

DSC_0183.jpg 

前の地主によって設置されてから35年以上。

何度も起動しなくなり、その都度壊れたコントローラーのスイッチを修理して復活していたノーリツZ11風呂ボイラー。

DSC_0181.jpg

(今回初めて気づいたのですが、ボイラー側はコントローラーに書いてある「Z11」という品番ではなく、「ロケットホームメイト MBX-4500」という品番のようです。家庭用ではなくペンションなどの業務用で、驚いたことにいまだに現行機種として販売してます。業務用なので通常は本体での操作で、Z11はオプションとなるリモコンの品番でした。業務用の場合は操作は上の写真の黒い部分にある操作パネルで行いますが、リモコンがある場合はそっちで操作するため本体側には操作パネルがありません。がらんどうです。)

先日、寒波襲来に備えて一晩中電源を入れておきました。

灯油式のボイラーはまだまだ元気ですが、起動するたびに「ボン!!」という地響きがするような爆発音とともに、着火するためのバチバチバチというスパーク音が近所中に鳴り響くため、通常は夜中には電源を切ってます。(本来ファンヒーターのようにいったん着火したらスパークが止まるはずですが、どういうわけか火が消えるまでずっと着火スパークが続くのでうるさいのです。)

経年変化のせいだとおもっていたら、ネットで見る限りこの機種は、近所から苦情がくるほどうるさいそうです。安心しました。 

m_IMGP4262-5baf5.jpg

先回、壊れた電源スイッチを直して問題なく動いていたのですが、いつのまにか電源ONを示すインジケーターが点灯しなくなりました。(上の写真は壊れる前、正常に点灯している状態)

前回の修理はこちら 

火がつくと燃焼中を示す赤いインジケーターは付くのですが、火が消えると消灯し、湯温が下がってまた火がつくまで電源が入ってるかどうかはスイッチを目視しないとわかりません。 

音の問題のため、今回のように凍結しそうな緊急の場合以外はできるだけ起動させたくないので、電源が入ってる状態は確認できるようにしておきたい。

そこで再び修理に挑戦しました。

m_IMGP4263-37e63.jpg

上の写真は電源オフの状態。レバーが下がってるのでオフだとわかりはしますが、夜は薄暗いので見落とします。 

続きを読む


nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

カシオプロトレックの電池交換とノーリツZ11風呂ボイラーの不調修理(というか怠慢反省) [いろいろ修理してみよう]

前回、夏の18きっぷ旅で使った、カシオのプロトレック。気圧高度計や温度計、電子コンパスを内蔵してるのでバイクのタンクバッグに入れておくと何気に便利です。

電池切れで動かなくなったので電池交換しました。(10月の作業。プロトレックはいろんな機能を常時駆動しているので大喰らいです)

IMGP8958.jpg

裏ぶたをマイクロドライバーで開けます。プロトレックは電池2個必要。

IMGP8961.jpg

電池はオークションで送料込み5個600円のSR927Wです。927SWと間違えないように。SWは薄いです。

IMGP8962.jpg

入れ替えて元通り組み立てて完了。200m防水をうたってますが、、ねじ4本で押さえてるだけなのと、樹脂ボディなのですぐにねじをなめるため、一度開けたらパッキンを換えても防水は期待できません。なので防水ポーチに入れて使ってます。(ベルトは購入後2年でちぎれました)

IMGP8963.jpg

これで1年動くかな。 

で、ここから本番。

風呂のボイラーが調子悪いのか(まあ設置からだと私がここに引っ越すまで17年間未使用で、使い始めてから18年ですから35年経ってますからねー)風呂をいっぱいにするのに1時間半もかかるようになってしまいました。

夏は35分でいっぱいになっていたのですが、水栓出口に自動温調水栓を使っているので、夏はボイラーを経由しない冷水が多いためかと思ってました。 冬は当然ボイラーを通る温水の割合が多くなるのです。ボイラーの能力が落ちて温度が低くなっているんだなあ・・と。 

続きを読む


nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

備忘録 13年ぶり、雨漏りしまくりのポンコツ倉庫の屋根張替え [いろいろ修理してみよう]

2002年にたったひとりで自作した足場パイプ製車庫。

あれから13年経ち、雨漏りが激しくなってきました。

そりゃ当然です。

屋根はパイプに抱かせた垂木に直接、塩ビ波板一枚を釘打ちしただけですから。 

逆に寿命が3年と言われる波板が13年たった今なんとか雨風を防いでるのをほめてあげましょう。

本来、硬化してばりばりになった波板を引剥し、寿命が長いポリカーボネイトやトタンの波板に交換するのですが、そこは無職障害者年金生活者。お金がありませんし、建てた時のように一から一人で張り替える体力もありません。

そこで、横着して、今貼ってある波板の上にもう一枚、一番安い塩ビ波板を重ね張りすることにしました。

IMGP9461.jpg

まず張り替える前に掃除をしないといけませんので弟からこれを借りました。 

ケルヒャーくんです。

IMGP9464.jpg

山桜の下に位置するので屋根に上がるとこんな感じです。

もちろん垂木をまたぐ大きさのベニヤ板を引いて、波板を踏み抜かないように処置してから作業開始です。

立って長時間作業できないので座った状態でいろいろやりました。 

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

トイレの床が水浸し。トイレタンクの水漏れ修理。INAX DT-C183 2005年式 [いろいろ修理してみよう]

IMGP8633.jpg

トイレから出てきた母が「床が水浸しになっとっばってん、あんた小便こぼしたとね?」と言ってきました。 

IMGP8635.jpg

見に行くとトイレの床がえらいことに。せっかくの天然木の床がああ。

IMGP8634.jpg

実はちょっと前からタンクの後ろに水が垂れていたのでアリエールの箱をバケツ代わりにおいていたのですが 、今度は後全体から水が落ちてます。

まあ、原因はわかってたのですが、2011年メーカーのINAX自体がLIXILと社名を変えて他社と合併消滅、部品も出ないため対処のしようがなかったので雨漏り受けのバケツ方式でお茶を濁していたのです。

IMGP8628 (2).jpg

原因はこれ。手洗器です。

続きを読む


nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

刈払機(草刈り機)を修理しよう その3 [いろいろ修理してみよう]

我がブログで閲覧数トップを誇る記事「刈払い機を修理しよう。」

ご期待通り、また壊れました。

待望の第3弾です。

以前の記事はこちら 

しかも今度の原因は以前のダイアフラムでもプライマリーポンプでもありませんでした。

実は5月10日に一回修理してますのでそちらから。

IMGP7143.jpg

半年ぶりぐらいに引っ張りだしたんですが、プライマリーポンプをいくら押しても燃料が来なくなりました。 

 

IMGP7134.jpg

キャブを外すと・・・・。タンクの中で燃料ホースがぶっちぎれてました。

黒いほうが吸い込み側、黄色いほうが戻し側です。右はじはおもりを兼ねた燃料フィルターです。

切れてるのはちょうどタンクにホースが入ってすぐのところなので、いくらポンプを押してもエアしか吸わないわけです。 もし今回のようにホースが切れてなくても、針でつついたほどの穴があいてもエアを吸いますから定期交換しましょう。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

刈払機(草刈り機)を修理しよう その2 [いろいろ修理してみよう]

何故かこのブログで一番のアクセス数を誇る「刈払機(草刈り機)を修理しよう 」第2弾です。

以前の記事はこちら。

第3弾はこちら 

IMGP5957.jpg

実は刈払い機が動かなくなる原因はキャブレターへ燃料を送るダイアフラムポンプ以外にもあるのです。

IMGP5943.jpg

それがこの部分。

プライミングポンプ。(プライマリーポンプともいうみたい)

これが何かというと、キャブレター式のバイクのように重力式ではない、ダイアフラムの往復運動で発生する負圧で燃料を送る方式の刈払い機のキャブレターの燃料ラインから、エアを抜くためのポンプです。

このラインは例えばブレーキラインと同じく、エアを噛むとガソリンがその場にとどまったまま移動できません。

で、始動前にこのポンプをモミモミすると、燃料タンクから黒いゴムホースを通ってこの丸い部分(ポンプ)に燃料がたまることで燃料ホースがガソリンで満たされます。反対側の透明ホースはエアが抜けたことを確認するためのリターンホースで、ここからエアがなくなるとキャブまでのエア抜き完了となります。

続きを読む


nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

4年周期。浄化槽のブロワーポンプHP-80Wがまたまた昇天なさいました。 [いろいろ修理してみよう]

2005年に設置した浄化槽。

2009年に浄化槽にエアを送るブロアーポンプのダイアフラムが破れて修理した記事を書きました。

ハマネツブロアーポンプHP-80Wの修理 

前回がちょうど4年目、今回もぴったし4年で壊れました。

IMGP5095.jpg

IMGP5093.jpg

 

続きを読む


nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | - いろいろ修理してみよう ブログトップ

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村