So-net無料ブログ作成
検索選択

備忘録 15年ぶり、雨漏りしまくりのポンコツ倉庫の屋根張替え 3回目(6列目) [いろいろ修理してみよう]

IMGP4244.jpg

梅雨の合間の晴れ間に、先日見つけた穴に新しい波板をかぶせました。


2002年に車庫を作って以来、漏れた箇所のみ上から張るのは通算3回目です。


IMGP4245.jpg

屋根に上るとこんな状態。


IMGP4246.jpg

ひえー、あんなのが落ちたらひとたまりもないわー。直径10センチぐらいあります。

ケルヒャー君で穴の近辺の落ち葉をふっ飛ばし


IMGP4247.jpg

買ってきた10尺と9尺の塩ビ波板を釘打ちしました。ただ、全部打つ体力がないので四隅だけを固定して終了。次の2列を張るときに全部打つ予定。


IMGP4251.jpg

一回に2列づつ張ってるのでこれで6列張れました。


IMGP4250.jpg

うーん、急いで続きをやらないと前に張ったやつが寿命を迎えそうだなあ。手前2枚と奥の2枚は同じ色のはずなのにすでにこれだけ退色してます。


あと9列あるので2列づつで4.5回かあ。最初が2015年の11月って。もう1年半前かよ。急がんと。


10尺(3m) 1166円X2枚=2332円

9尺(2.7m) 1023円X2枚=2046円

合計4378円

 



梅雨時の雨漏り修理 発覚編 [いろいろ修理してみよう]

先日のこと。

その日は雨が台風並みの強風とともに渦巻く大荒れの天気でした。

と、屋根から雷が落ちたようなガラガラガッシャーンという音が。

我が家の屋根は茅葺屋根の上にトタンがかぶっているため、木の実が落ちてくるカラカラカラという音はしょっちゅう聞きますが、それどころじゃない音でした。


裏に出てみるとなんと。


IMGP4205.jpg

IMGP4204.jpg

こんなかけらが地面に。


IMGP4201.jpg

上を見ると大穴が。


IMGP4202.jpg

奥にある木の破片から想像すると、この日の嵐のような突風で折れた太さ5センチぐらいの腐った枝が上から落ちてきて突き刺さったようです。


雨が降っていたため、雨が止むのを待って波板を張り替えることにして、とりあえず波板を載せて応急処置をしておきました。(まだ釘打ちしてませんが、木が覆いかぶさって風も来ないので取りあえず動くことはありません)


で、本日。

やっと梅雨らしく雨が本格的に降ってきたので、先日雨ドイの掃除をしたことで目論見通り雨漏りが止まったことを確認しましたが、ついでに車庫にも今しかできない雨漏り確認のため行ってみました。

続きを読む


久しぶりのサクラお預かり [日々の生活あれこれ]

弟がBABYMETALのアメリカ公演から北海道ツーリングへと怒涛の人生休暇を取るため、久しぶりにサクラを預かりました。


DSC_1333.jpg

歳、取ったよなあ、お前も。

サクラももう12歳?13歳?

朝昼晩の散歩で俺のダイエットに協力してくれよー。


刈払機(草刈り機)を修理しよう その4 [いろいろ修理してみよう]

IMGP3994.jpg

なんかもう、この時期(6月の草刈り)恒例の刈払機の修理、第4弾です。



なぜ毎年修理することになるのかというと、職業として農業をやってるわけでもなくて、半年に一度しか刈払機の出番が無いからです。

今までの修理を見てきた方はお気づきだと思いますが、壊れる、というか故障するのはキャブだけです。

これは長期間動かさなかったバイクと同じ。色んな理由でガソリンがエンジンまで届かなくなるのが原因。


IMGP4028.jpg

今回は去年交換したプライミングポンプをもみもみしてもエアを噛んでるらしく、泡が燃料チューブから消えず、つまりガソリンが連続して送られないという症状です。


IMGP4027.jpg

エアクリーナーの蓋を開けて


IMGP3988.jpg

このネジ2本を抜きます。


IMGP4026.jpg

スロットルケーブルを外し


IMGP4025.jpg

燃料ホースとリターンホースを外します。

続きを読む


森の中の古民家に住むってことは・・・。雨漏りの原因は? [いろいろ修理してみよう]

私の家は茅葺屋根をトタンで覆った、そこら辺の田舎でよく見かける造りです。

トタンがかぶってることで通常25年ほどしか保たない茅が腐ること無く保っているわけですが。


IMGP3985.jpg

茅葺の家に増築されている台所の窓の天井からポタポタ雨が漏りだしました。梁がびしょびしょになっていて


IMGP3987.jpg

アルミサッシの下に水たまり。


IMGP3986.jpg

よく見ると上にある垂木を伝ってもっと手前から水滴が流れてきてました。つまり窓際ではなく台所の天井から雨漏りしてるのです。


実は前から何度も漏れていたんですが原因を取り除けばしばらくは止まるのです。ですので根本的な修理などは見送ってます。金もないですし。


で、今回も原因を取り除くために屋根に上りました。

続きを読む


備忘録 カローラワゴンオイル交換 [H12年カローラワゴンAE100]

IMGP3926.jpg

前回交換から5000km走ったのでカローラのオイルを交換しました。

この車、母の車なので基本オイル交換や整備はモータースやガソリンスタンドで行ってますが、昨日倉庫を掃除しているときに、ハイゼットに入れるために買ってあった3リッター缶の未使用のオイルが見つかったのでこれを使うことに。


IMGP3928.jpg

で新しいワッシャーを用意してオイルドレンボルトを外したんですが、なんかおかしい。猛烈に固く締まっていて45センチのロングハンドルでやっと緩んだんですが、ボルトにアルミワッシャーが食い付いていたのでドライバーでこじって外してワッシャーを交換、オイルが抜けたオイルパンにねじ込もうとしたらなんと。


IMGP3929.jpg

なんでワッシャーが・・・・。銅ワッシャーがオイルパンに食いついていました。2重にパッキンが入っていたのです。ひえー、よくこれで漏らなかったもんだ。


IMGP3930.jpg

オイルパン側に張り付いていた、下の銅ワッシャーが、内径のでかいアルミワッシャーに押しつぶされて変形しています。よく見るとトヨタ系のドレンボルトはM12X1.25なのに、アルミワッシャーはM14用です。

前回の交換は車検時にモータースで行ってます。これだからプロを名乗る人たちを信用できなくなって自分で整備するようになっちゃうんですよー。


IMGP3931.jpg

抜いたオイルは5000kmなりの汚れ。


IMGP3932.jpg

今回入れるのはこれ。軽四輪用の3リッター缶で有機モリブデン入りの10W-30。本来AE100は5W-30が指定されてますが、冬前にはもう一度交換するから問題ないでしょう。


IMGP3933.jpg

オイル量はうろ覚えで3.5リッターぐらいだったかなーと足りない分も用意。


IMGP3935.jpg

IMGP3934.jpg

オイルキャップの裏にヘドロ状のものが。ブローバイのカスですね。17万キロも走ればこれぐらい出るでしょう。


IMGP3936.jpg

カバー内は距離相応の汚れ方。


IMGP3937.jpg

オイル漏れはカムスプロケット側のカバーからちょびっと。


IMGP3938.jpg

17万キロでこれぐらいというのはほんとすごい。


と、3リッター入れてオイル量を見ようとレベルゲージを見ると・・・・・、あれF線を越えてる?

慌ててパソコンでAE100の5A-FEエンジンのオイル量を検索すると。

え?2.8リッター?軽四輪のハイゼットと一緒?あのぶん回す4A-Gもそうなの?GSX-R1100なんて4リッターだったよね。

多すぎるといいことは何もないので、しばらくオイル回して200cc抜きましょう。先に調べとけよって。エスティマの5.5リッターに惑わされた?


IMGP3940.jpg

IMGP3939.jpg

備忘録 カローラワゴンオイルのみ交換 171148km 前回166059km ピッチ5089km

イエローハットMAGMAXスペシャル(有機モリブデン入り) 10W-30 3リッター缶


次回176000kmでオイルフィルターも交換。5W-30使用すること。


IMGP3942.jpg

IMGP3941.jpg

*結局180ccぐらい抜きました。これでレベルはFちょうどぐらい。

洗濯機がちょっと変。脱水が不完全な洗濯機の修理。 [いろいろ修理してみよう]

我が家のNEC製の洗濯機


IMGP3890.JPG

1997年製なのですでに20年、毎日洗濯を頑張ってくれていたのですが、最近すすぎを延々とやっていてなかなか洗濯が終わりません。(1時間半たっても脱水に移行しない。通常30分ほどで全行程終わります。)


IMGP3875.JPG

今日は脱水が終わっても洗濯物がビショビショで、水が滴ってます。


IMGP3876.JPG

昔脱水が効かなくなった時は、フタを開けると脱水槽を止めるブレーキがうまく働かないのが原因でした。

今度もそれかなと上蓋を診てみました。上蓋を止めている4本のビスを外しましたが、ロッドなどはなくて電気スイッチ式のブレーキはちゃんと動きます。ここが原因じゃないみたい。


*以下グロ画像がありますので潔癖症の方はここで閉じてください。*


続きを読む


R100RS 2年半ぶりのエンジン始動  [88'BMW R100RS]

いやあ、知らぬ間にR100RSカテゴリーの最後の記事から2年も経ってました。しかも最後にエンジンを掛けたのは2014年11月・・・。


KS2が家に来て以来、そして去年XL500Sが復活して以来、全く話題に上がらなかったBMWR100RS。


申し訳ないと思いながら、センタースタンドを自分一人で外すことも立てることもできず、ずっと車庫の奥で眠らせておりました。


ところが、先日MOTORWORKS扱いのフル電子式のイグニッショントリガーを買っていただいた方が取り外した、純正のトリガーとコントローラーの良否を確認することになり、どうしてもR100RSを起こす必要に迫られまして。


で、本日ビクビクしながらR100RSのセンタースタンドを外しました。


IMGP3893.jpg


IMGP3894.jpg


前日、奥に置いたまま手の届く範囲だけ水拭きしワックスを掛けたので、前のカウルだけはそこそこ綺麗です。


XL500SとKS2をどかして廻りに空間を確保し、センタースタンド外しに挑戦。


IMGP3910.jpg


意外や意外、後輪の空気が抜けて車高が下がっているのにもかかわらず、センターを外してサイドを立て、空気を入れて外に出し、再びセンタースタンドをかけるのに成功しました。ていうか、R100RSってこんなに軽かったっけ???重心が低いおかげ?


昨日軽く掃除をしておきましたが、そこは2年半もの間放置しといたつけは大きかった・・・。


 

続きを読む



にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村