So-net無料ブログ作成
検索選択

BILL ITUNES.COMから身に覚えの無い大金の請求が!警察への届け出編。 [日々の生活あれこれ]

昨日発覚した、身に覚えのないカード引き落としの件。

アップルとカード会社双方に調査を依頼し、結果待ちとなったので、今日は警察に被害届を出しに行きました。

が、事態はこっちが思っていたのと違う方向に行ってしまったので、これからの文章はできる限り事実に沿って書いていこうと思います。 

警察の総合受付。

「カードを落としたわけでもなくクレジットカードを使われたので被害届を出したいのですが。」

「え?え?カードは今おもちなんですか?」「はいここに」

ここであちこち電話。

3回目の電話で私の相手が決まったらしく、「そちらの部屋へ」

すぐに定年間近かと思われる老警官が入室。

「カードが有るのに誰かがカードを使ったということ?」「はいそうです」(このへんちょっと高圧的)

「だれかと同居されてますか」「はい、母と弟が」

「それじゃ考えられるのは弟さんが使ったということですね」「は?」「弟さんが犯人では?」「は?なんで弟が?」「だって、カード番号がわかるのは弟さんだけですよね」

ここで警察に「サイバー犯罪課」みたいなのがあって、コンピューター犯罪に詳しい人がいると思っていたことが間違いだったと気づき始めました。 

「もし弟が買っていたとしても、もし私が払えなかったらこれを払うのは弟です。私は身障者で無職なんで。だからそれはありえません。なんでそんなアホな事をやるんですか。(ムカムカしながら怒鳴りたいのを我慢)」

10分ぐらい討論の結果、まあ、このへんなんとか理解してもらったのか怪しいけど次の段階へ。

(ここまでのお話は創作ではありません。まるでドラマの中に出てくるだめな警察官みたいですが) 

「それでは、誰かがカード番号をスキミングしたと?」「さっきからそう言ってます」「誰がどうやって?」「なんで俺に聞くんですか、それを」 

続きを読む



にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村