So-net無料ブログ作成
検索選択

エスティマで四国最西端へ。5日目。 [旅行やらツーリングやら]


2017年4月27日(木曜日)晴れました。これが昨日だったらなあ。


6時30分起床。今日は一気に家まで帰ろうと7時にホテルを出ます。


が、山陽道は退屈でしかもトラックが多く疲れるので、下道で帰ろうということに。


しかも、もう神戸の国道2号線や大阪市内は通りたくないということで、一度日本海側に出て舞鶴から米原経由で帰ろうということになりました。


ということはもう一泊必要です。昼までに何処まで行けるかで今日の宿を決めましょう。(まあ上の地図でバレバレですが)


DSC_0009.jpg

ホテル前は西行きの一方通行(姫路駅近辺は3車線の一方通行です。すげー)なので一端西へ行き、姫路城へ向かい右折して旧2号線へ出ます。これ絶対間違えて逆走するやついそうです。


DSC_0010.jpg

正面が姫路城です。ここを右折して旧2号線を東進。


DSC_0012.jpg

姫路城に沿って今度は北へ。


DSC_0014.jpg

見えました。白すぎ城、いえ、白鷺城。母も私も歩けないので今回はこれで満足。


少し北上してから国道2号線へは戻らず東へ行く国道372号線へ。

DSC_0019.jpg

朝食は9時頃加東市の(加西市は知ってましたが、まさか加東市があろうとは)国道上にあった喫茶店エーデルワイスへ。隣は同じ経営のお好み焼き屋です。


DSC_0021.jpg

コーヒー専門店ぽいです。食べられるものはトーストとカレーのみ、でコーヒー付きのカレーを注文。


DSC_0022.jpg

でてくるまで15分程かかりました。カレーは文句なしに美味しかったですが、ご飯がおかゆのようだったのが残念。コーヒーは美味しかったです。


再び国道372号線を東進、5km程先で国道175号線に入り日本海に向かって北上開始します。


加東市を出る前にガソリン補給。オド141403km(141056km)347km 132円X37.88リッター=5000円 リッター9.2km。


DSC_0023.jpg

10:00道の駅「北はりまエコミュージアム」。


DSC_1124.jpg

ここで中国近畿の道の駅スタンプ帳を300円で購入。ええっ?去年和歌山方面に行ったときに、「コストダウンのためもう配布しないのでご自身でネットからダウンロードして印刷してください」といわれたやつじゃん。これ。しかも2016年度以降版だから去年もあったってことだよね。うそつきー。和歌山方面、また最初から集め直しじゃねーかよー。


DSC_1125.jpg

ちなみに兵庫県は近畿なんですねー。


DSC_1127.jpg

早速スタンプ第一号。


DSC_0024.jpg

11時10分道の駅「丹波おばあちゃんの里」でトイレ休憩。


DSC_0028.jpg

ここで高知や宇和島で購入し、痛み始めた柑橘類を食べちゃいました。


DSC_0029.jpg

これはブラッドオレンジ。


DSC_0032.jpg

切るとこんな感じ。赤い血が混じってるようなのでブラッドかあ。数種類買った中では「きよみ」が一番美味しかったです。


IMGP3720.jpg

DSC_0033.jpg

福知山で国道9号線に入り、1泊増えたことで不足する下着を買いにイオン福知山店へ。ここで今日の宿を琵琶湖の向こう側の彦根に決定しホテルを予約。


DSC_0034.jpg

再び国道175号線に入り、2時頃日本海へ抜けたところにある道の駅「舞鶴港とれとれセンター」で昼食です。


DSC_0035.jpg

海鮮市場の隅にある食堂へ。


DSC_0042.jpg

DSC_0036.jpg

DSC_0041.jpg

DSC_0040.jpg

母と私はウニ丼。1550円。


DSC_0037.jpg

こっちは弟が頼んだ、うにとネギトロ丼、1650円。

北海道で食べるウニ丼の半額でうにが食べられる!と喜んだのもつかの間、美味しさも半分。いや二乗になるから1/4か・・・・。例のミョウバン臭が・・・。やっぱり北海道のうにって素晴らしい。


DSC_0044.jpg

舞鶴港には巨大なクルーズ船が。韓国まで行くそうです。


DSC_0051.jpg

そして艦これプレーヤーなら一度は寄らないといけない旧舞鶴鎮守府へ。

まあ、駐車場から遠いので外から眺めるだけですが。


DSC_0050.jpg

これはイージス艦?


DSC_0053.jpg

駐車場からはこんな船が。


DSC_0055.jpg

これってあれか?いずも?


ここで、今日の予定を見直し。すでに3時近いので2014年に全通した舞鶴若狭自動車道>北陸自動車道>名神高速経由で彦根までいくことにしました。

で、近くの舞鶴東ICから舞鶴若狭自動車道に乗ったまでは良かったのですが、あろうことか行き先を読み違えて名神高速方面へ。つまりもと来た方へ。確かに彦根ICは名神高速なんですが今回は北陸自動車道経由です。まあやっちまったもんはしょうがない。次の舞鶴西ICでUターンして再び舞鶴若狭自動車道に入り、今度は間違いなく北陸自動車道へ。

距離は130km弱。入ってすぐの加斗PAに寄り運転交代して一気に行きます。

5時40分名神高速彦根ICを降りて国道8号線へ。


DSC_0064.jpg

6時ちょっと前に彦根ステーションホテル着。


DSC_0062.jpg

4600円X3部屋確保。


DSC_0063.jpg

目の前は東海道本線の跨線橋。交通量があるのでちとうるさいです。


DSC_0071.jpg

オド141674km(141359km)本日の走行距離315km。移動だけ、しかも高速使った割に距離が・・・。


DSC_0075.jpg

跨線橋はこんな感じ。これを向こうから渡ってきました。家の向こうが東海道本線です。跨線橋の向こう側、右へ500mほどが彦根駅。


DSC_0076.jpg

駐車場は無料でだだっ広く出入り自由です。このホテルへは左の跨線橋を渡って奥の信号で右折して入ってきました。よく見ると左奥に彦根城の天守閣が・・・。


DSC_0065.jpg

部屋は昭和臭が漂ってました。ホテルと言うより旅館の作りです。スリッパの手前はなんと土間で


DSC_0069.jpg

クローゼットと洗面台は土間にあります。困ったのがユニットバスの入り口も土間にあるため、部屋から一旦降りてまたユニットバスの高い入り口へ上がるという、バリアフリーの正反対の作りであること。


DSC_0066.jpg

エアコンがちと古い。寝る時は切るように書いてあります。寝具は最高でしたがちと丈が短いような。


DSC_0067.jpg

DSC_0068.jpg

風呂とトイレは洗面台がないタイプのユニットでぱっと見は綺麗ですが、少人数で維持してるホテルでありがちなように、大きなホテルのようには掃除が行き届いてないようで、シャンプー台やシャワーヘッドを受ける金具の裏に、潔癖症の人だと悲鳴を上げるようなカビとか水垢がありました。掃除をする人が上からしか見てないんでしょうねえ。これらの汚れは浴槽に浸からないと見えませんから。私は気になりませんが、これがこのホテルの評価を落としてるのがもったいないです。


DSC_0077.jpg

ただ部屋がだだっ広いので、自転車やバイクで普段キャンプしてる人が雨の日に避難するなら最高の宿となりうると言っておきましょう。どんなに大きな荷物を広げても十分過ぎるスペースがあります。


*ただし、今回私達が止まったのは新館ですので旧館の方はどういう部屋かわかりません。おそらく新館の方は禁煙ルーム、旧館は喫煙ルームです。新館、旧館については次の記事で。


DSC_0078.jpg

例によって弟は駅前に行ってしまったので、本日は母を連れてエスティマでお城の廻りから駅前へ。

しかーし、彦根の駅前は食事ができそうな店がみあたらず、だいぶ遅かった昼飯のせいでさして腹が減ってなかったこともあり、母と相談してコンビニ飯に決定。お城のそばのセブンイレブンでお買い物。

というわけで、これが本日の晩飯です。だんだんソロツーリングの食事みたいになっております。


DSC_0079.jpg

でもまあ美味しかったので良しとしましょう。

1時頃就寝。おやすみなさい。明日は間違いなく家に帰ります。

野良猫壱号生きてるかなあ。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 2

朝霧

こんばんわ~

長旅ご苦労様でした。
イージス艦はおそらくみょうこうかあたご、いずもっぽいのは一回り小さいひゅうがでしょうねぇ。

でわ~
by 朝霧 (2017-05-14 21:01) 

MHR

朝霧さんありがとうございます。
全部艦これで覚えた名前です。かがといずもが姉妹艦でしたっけ。今度は一人で行って一日中眺めてみたいです。
北朝鮮の件でこれらが出動しないことを祈ります。
by MHR (2017-05-16 17:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村